驟雨

真夏、積乱雲が垂直にたつと、集中的に短い時間で豪雨が降る。週末の体調の不調は、そのような感じだった。
それにしてもタイミングが悪い。
年末のこの忙しい時期に何も降らなくていいのに。

취우를 어릴적부터 좋아했다. 
갑자기 세차게 쏟아내린 비는 축축했던 공기를 단번에 바꿔주고는 바로 그친다. 

걷다가 취우가 내리면 지붕이 있는 곳에서 바껴가는 공기를 느끼며
내리는 비를 손에 받아주곤 했다. 
젖어도 싫지 않았고 또 젖지 않으면 마중 못해주는 것 같아 아쉬웠다.

様々な方向に思考が飛んで行く。
想いは留めるほど強くならない。
駄馬のようにとりあえず重い荷物を前に引くことしか考えられない。
とりあえずは進まなくてはならない。
時間に置いてけぼりにされないように、半歩でも前に進まねばならない。

“If you would not be forgotten, as soon as you are dead and rotten, 
either write things worth reading, or do things worth the writing.”
ってことですかね、Benjamin Franklinさん。

本も書きたいし、仕事もしたいわけでござんす。

자야지 몸이 좋아지려나…
내일도 수업이당…

カテゴリー: ▼蛇足   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>