▲毎日が誕生日!12月4日は画家・カンディンスキーの誕生日!

今日はカンディンスキーの誕生日。1866年生まれ。モスクワ大学で法律と政治経済を学んで、絵の勉強を始めたのが30歳の1896年なんですね。

http://en.wikipedia.org/wiki/Wassily_Kandinsky

前衛とか抽象画とかいろいろな表現の方法はあるのですが、私は絵画の中に「音」を閉じ込めることができるものかとびっくりした記憶しかないです。抽象画であることは見ればわかるのに、その中に音楽が流れていて、それが聴こえてくるようで、びっくりした記憶があります。脳って不思議で、こういう二次元の視覚情報も、別の聴覚に翻訳できたりしちゃうんだなぁ、って考えたことがあります。更にいえば、音を絵画に翻訳できている作品というのが私が個人的に感じているカンディンスキーの作品でしょうか。

http://www.ibiblio.org/wm/paint/auth/kandinsky/

それで行くと、同じく前衛美術と言われているダリの作品には音がない。無音という音があるとでも言いましょうか。それが非現実性をより増して怖く感じてしまうのは、私だけなのでしょうか。そもそも音が流れるだけの時間が止まっているように思えて。

http://blog.livedoor.jp/thk_neo001/archives/cat_44063.html

様々な色彩を組み合わせて、ただ単に二次元に見える絵の中にも音があふれている、それを教えてくれたカンディンスキーに感謝。実際、絵画を学べば学ぶほど、音以外にも、香り、触覚などが込められていることがありますよね。そういう感覚を感じられるまで好きになったり圧倒されたりする作品に出会えるのは、実に素敵なことです。

 

 

 

 

カテゴリー: ▲毎日が誕生日!!, 未分類   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>