■ 火曜日(言語とか):Tamia, officially missing youの訳

Jayessleeというオーストラリア系の韓国人双子が色んな曲をYoutubeでカバーしているが、その中にTamiaのOfficially missing youがある。私はIU(アイユー、韓国の宇多田ヒカルみたいな)がカバーしているバージョンが好きなのだが、ここで言うOfficially missing you というのはどういう意味なの?そう聞かれた。「公式に会いたい」とやると、オバマ大統領にでも会いに行くようだ。これはちょっと違う。そこでちょっと考えてみている。

IUのOfficially missing you: http://www.youtube.com/watch?v=vFKke_7TmlY
Jayessleeの: http://www.youtube.com/watch?v=DtXr0pIRSg4
Tamiaの: http://www.youtube.com/watch?v=HeK1zQFJtXE

歌詞を見てみる(http://www.lovecms.com/music-tamia/music-officially-missing-you.html)。私の訳ですみませぬ。

「聞こえるのは屋根に滴る雨音 All I hear is raindrops Falling on the rooftop
ベイビーどうしてあなたはいかなくてはならなかったの Oh baby tell me why’d you have to go
この痛みはどうしてもやるせない Cause this pain I feel It wont go away」

そして続く。

「…and today I’m officially missing you.」

さてどう訳すかである。ここで、「私は今日公式的に貴方に会いたいと思う」とすると国際政治の事例になってしまうわけだ。まず

「そして今日、どうしても忘れられない」

としてみる。たしかにこれがいいのかもしれない。けれどもOfficially missing youという言葉の中には、今までは付き合っていたから、貴方が恋しいとしても、本当に恋しいわけではなかった。だって、いつでも会おうと思ったら会えたのだから…。

それが貴方が去ってしまって、もう会いたくても会えなくなってしまった。会ったとしても、もう昔の二人ではないのだし、同じ関係で、同じ気持を持ったまま、会うことなんてできない。だから、そう、だから、私は貴方が恋しい、今までと違って、どうしても会いたい、恋しい…。そういう意味合いがいいのではないかと思った。だから、「…and today I’m officially missing you.」をこう訳したい。

「…だから今日、あなた(恋人)に会いたい」

声に出して読むときには、恋人だったあなたかどうかわかる必要はない。歌に出して歌う時も、ただ「あなたに会いたい」と聞こえればいい。綺麗な歌詞だな、と思って読んでみると、その「あなた」には「恋人」という漢字があてられてあって、今の変わってしまったあなたではなく、前の、恋人であったあなたに会いたい、という気持ちが行間にも、漢字にも隠れていたのだということに気づければそれが美しい気がする。恋しい必要も、とっても会いたい、とする必要もない。だって会いたいことに全ての心がこもっているのだから。

なんだかそんなことを雨に濡れた桜を見ながら考えていた。

翻訳というのも、一つの作業だ。まるでクラシックの曲が、同じ曲でもオーケストラや指揮者によって異なるように、翻訳者によって全く異なった印象を持ちうる。私なんかはまだまだだが、いつかやってみたいとも思う。

 

カテゴリー: 【2013-随書】   パーマリンク

■ 火曜日(言語とか):Tamia, officially missing youの訳 への2件のコメント

  1. Eriko より:

    私はGeeksのカバーでこの曲を知りました。素敵な翻訳、ありがとうございます。
    そう思いながら聴くとますます素敵に聞こえてきます。

  2. masajp より:

    本当officiallyでなんだ?と思ってました。公式にじね。なんか今までは普通に思って
    たあなたでも今本当に恋しいの?逢いたい。って感じなんでしょうかね。
    カラオケ歌うとき参考になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>