月別アーカイブ: 2013年7月

▼蛇足、www♪(=lol=233=555=kkk=jajaja=(^_^/)

▼蛇足、www♪(=lol=233=555=kkk=jajaja=(^_^/) … 続きを読む

カテゴリー: ▼蛇足 | コメントをどうぞ

▼蛇足、繕い裁つ蛇足はビックマックを9分で稼いで3分で食べるぜっ!!!…の金 曜日っっ!!!!

▼蛇足、繕い裁つ蛇足はビックマックを9分で稼いで3分で食べるぜっ!!!&hell … 続きを読む

カテゴリー: ▼蛇足 | コメントをどうぞ

▼蛇足、スクール水着でバイエルを弾いたという身の上相談をNexus 7で読むナリ

▼蛇足、スクール水着でバイエルを弾いたという身の上相談をNexus 7で読むナリ … 続きを読む

カテゴリー: ▼蛇足 | コメントをどうぞ

▼蛇足、もたもたしてたら、新しいモーターに、置いていかれてもーた〜!!

▼蛇足、もたもたしてたら、新しいモーターに、置いていかれてもーた〜!! ● いや … 続きを読む

カテゴリー: ▼蛇足 | コメントをどうぞ

▼蛇足、りちうんが日本から買ってきたもの五点ん〜♪大好きなまちゃこ〜〜〜っ っ!!!!

▼蛇足、りちうんが日本から買ってきたもの五点ん〜♪大好きなまちゃこ〜〜〜っっ!! … 続きを読む

カテゴリー: ▼蛇足 | コメントをどうぞ

▼蛇足、今日はすいすい水曜日だ、にゃろめっ!!!

▼蛇足、今日はすいすい水曜日だ、にゃろめっ!!! ● 空港で売れ筋を聞くと、日本 … 続きを読む

カテゴリー: ▼蛇足 | 1件のコメント

▼蛇足、クリスマスまであと162日の真夏の日っっ!!

▼蛇足、クリスマスまであと162日の真夏の日っっ!! ● いやぁぁ〜〜〜〜ん!! … 続きを読む

カテゴリー: ▼蛇足 | コメントをどうぞ

▼蛇足、自分でつくれるきのこの山!!ほすぃぃぃぃぃぃ〜〜〜〜〜っっっ!!! !!!!!

▼蛇足、自分でつくれるきのこの山!!ほすぃぃぃぃぃぃ〜〜〜〜〜っっっ!!!!!! … 続きを読む

カテゴリー: ▼蛇足 | コメントをどうぞ

▼蛇足、味噌と和食はやっぱりうめぇぜっっっ!!!のすいすい水曜日ぃぃぃっっ !!!

▼蛇足、味噌と和食はやっぱりうめぇぜっっっ!!!のすいすい水曜日ぃぃぃっっ!!! … 続きを読む

カテゴリー: ▼蛇足 | コメントをどうぞ

家畜

分からない。現状に目を背けたまま、今与えられた仕事をなんとなくこなすことは出来て … 続きを読む

カテゴリー: 【2013-随書】 | 1件のコメント

▼蛇足、めらめら火曜日は、辛いものを食べて、頑張っちゃうんでございますよぉ ぉっっっ!!!

▼蛇足、めらめら火曜日は、辛いものを食べて、頑張っちゃうんでございますよぉぉっっ … 続きを読む

カテゴリー: ▼蛇足 | コメントをどうぞ

人生を赤裸々に振り返る、追補版

6年と9ヶ月の日本生活を離れる飛行機の中で、これまでの長いとも、短いとも言えない … 続きを読む

カテゴリー: 【2013-随書】 | コメントをどうぞ

◆ 金曜(芸術?):左遷の語源を考える

また史記を読んでいる。今は劉邦の部分である。寒中に一番乗りした劉邦は、本来である … 続きを読む

カテゴリー: 【2013-随書】, 未分類 | コメントをどうぞ

▼蛇足、韓国はじめての、だ・そ・く(うっふん♪)は、はっぴーな、ふらいでー でございますよぉぉぉっっっ!!!!!!

▼蛇足、韓国はじめての、だ・そ・く(うっふん♪)は、はっぴーな、ふらいでーでござ … 続きを読む

カテゴリー: ▼蛇足 | コメントをどうぞ

◆ 木曜日(無知なこと):ばりゅえーしょん

短めに。株も見るストラテジストというのもすることになったので、色々みているのだが … 続きを読む

カテゴリー: 【2013-随書】 | コメントをどうぞ

◆ 水曜(動物的な):無欲とは…遊び心をなくしてしまった状態かしらん

無欲、と書くと何かカッコイイですが、そんなことは全くなくて、ただ単に最近の無気力 … 続きを読む

カテゴリー: 【2013-随書】 | コメントをどうぞ

◆ 火曜日(韓国とか):「ニム」と「シ」は難しいニダ

韓国には様々な呼称がある。ヒョンニムは男性が先輩の男性に対して使う言葉であるので … 続きを読む

カテゴリー: 【2013-随書】, 未分類 | コメントをどうぞ

まったくもって

自分の最近の状態はひどい。なんというか、無気力状態。 忙しいのではなくて、何もや … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

◆ 月曜(経済とか):丹下健三、大好きニダ…んだども…

新宿都庁舎という建物がある。世界的建築家、丹下健三の後期代表作品の一つで、ノート … 続きを読む

カテゴリー: 【2013-随書】 | 1件のコメント